仏具の修理・修繕

建三堂では、様々な仏具の修理・修復に対応しております

仏具は長年の使用により、線香やろうそくのすす汚れや傷、経年変化により、補修が必要になります。多くの場合、新しく買うよりも安価に綺麗な状態の仏具にすることができます。
仏具単体でもご依頼をお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

修理・修繕 15,000円(税別)~

仏壇・仏具

くり出し位牌

写真はおよそ70,80年程使用した位牌です。お線香やろうそくを炊き続け、すすで汚れていた黒く汚れています。下記のようなすす落とし、洗浄、金箔押しなおしを行うことで新品同様に綺麗な仏具になります。

くり出し位牌(金具の色戻し)

金具は一つ一つの部品を全て分解する必要があります。写真のケースでは、分解した部品をそれぞれ洗浄し、金箔を押しなおしています。

くり出し位牌(部分塗り補修)

全ての下地は木製の為、経年経過による水分の抜けや木の伸縮により、表面の漆が剥離することがあります。水をこぼしてしまったり、線香やろうそくの熱で同様の事が起きる場合もあります。このような剥離も下地から塗り直し補修することができます。

くり出し位牌(金箔補修)

金箔補修の場合は、上記のように下地から塗り直します。
下地を補修後、金箔押しなおしをすることで、写真のように新品同様に戻すことができます。

仏像の洗浄

百数十年間お祭りされていた仏像をすす落とし、洗浄を行い、奇麗な状態にしました。

仏具のマメ知識
仏具も簡単ですが手入れが必要です。普段のお手入れはほこりをはたく程度、水等こぼした場合はすぐに拭いてください。
水に濡れた時は、日干しやドライヤーを使用してはいけません。できるだけ自然な状態を維持するのが仏具を長く使用できるコツです。

寺院・神輿

  • 修理・修繕の事例紹介はこちら

フリーダイヤル:0120-433-547