金仏壇の洗い・クリーニング

新品同様の綺麗な状態にすることができます

金仏壇は、桧・松・杉・朴などの白木を素地として、漆やカシューなどで仕上げ、金箔や金粉で装飾を施されたお仏壇です。漆塗りや彫刻、蒔絵、飾り金具などの日本古来の伝統工芸が集約されています。
金の輝きは極楽浄土を表しており、浄土真宗では金仏壇が正式とされるのはこれに由来します。

お洗濯 900,000円(税別)~
洗浄クリーニング 250,000円(税別)~
部分修理・修繕 15,000円(税別)~

 各宗派を始め、状態・経過年を問わず対応をしております。

主な作業のご紹介

金箔の汚れ除去

金箔は、お客様による日頃のお手入れが難しい非常にデリケートな素材です。金箔自体が極めて薄い為、少し擦るだけで剥がれてしまうこともあります。
当店では、仏具に影響の少ない施法を用いてお洗濯を行っており、専用洗剤で汚れを浮かせ、お仏壇を傷めないように金箔の汚れだけを取り除いていきます。
埃や油煙を除去することで、昔の輝き・艶を蘇らせることができます。

金箔押し

金箔は経年劣化だけでなく、デリケート故に日常の手入れなどで剥がしてしまうことがあります。当店でも掃除の最中に剥がしてしまったなどのお声をよく頂きます。既に剥がれてしまっている箇所には、新たに金箔押しの必要があります。
金箔押しとは、厚さ約0.3ミクロンという、非常に薄い金箔を、漆塗りの上から貼り付ける熟練した技術が問われる作業です。
当店でも技術の高い者がひとつひとつ丁寧に、丹精を込めて金箔を押していきます。

漆磨き

日々のご供養の線香の煙やロウソクの煤などで数年経つと、漆部分は白くなりくすんで輝きが失われます。漆は、独特の艶と光沢が好まれるだけでなく、熱や湿気、酸、アルカリに強く、腐敗・防虫の効果もありご仏壇を守ります。その為、漆の劣化やひび割れ、剥がれを放置してしまうと、他の部分の劣化まで進行してしまいます。
当店では、まず専用の磨き剤を用い、漆の表面に付着したお線香のすすやローソクの油煙などの汚れを落とします。そして、しっかり磨き上げ、漆本来の艶を再び取り戻します。
また、当店では傷や剥がれなどを確認し状況に応じた処置はもちろん、“艶出し”など手入れに関するアドバイスもさせて頂きます。

傷補修

お仏壇を毎日使用していると、スリキズがつくことや金物仏具を不意に「ゴツン」と落としてお仏壇にキズを付けてしまった…など傷をそのままにしていると、ご先祖様に申し訳ないという思いが続き、気分もすっきりしません。修理がきくうちに直す事が大切なポイントです。
深いキズ(下地や木地が見えている)の場合、特に花立の近くにそのキズがあると、そこへ水がしみ込み周辺の塗料をはがしてキズが徐々に広がっていきます。お仏壇の塗料は、初めは小さなキズであったものが徐々にはがれていくと考えてください。
仏壇の傷みは色々と数多くありますが、お客様のご要望を伺いながら、その傷みに応じた修理方法を施します。

紗の張替え

紗は格子に紗紙と呼ばれる和紙を貼り付けており、主に紗紙が時間の経過により劣化し、黒ずみや、変色、破れが生じます。
さらに、ローソクの油膜やほこりなどでも劣化する為、10年程での交換が目安になります。
劣化や黒ずみだけの軽度な症状であれば貼り直しだけを行い、格子が折れてしまっている場合は、職人が一から格子から新たに格子を制作致します。

蒔絵の塗装・金箔押し

蒔絵は漆工芸の代表で、日本が世界に誇る伝統工芸です。
ご仏壇のお洗濯の後に、時間を経てお色褪せてしまった蒔絵の塗装を行います。お洗濯前に現図の写真を撮り、それを元に金粉・銀粉で剥げてしまった蒔絵を復元します。
表面にムラなく均等に本金箔を押していき、本金手描き蒔絵を施します。
青貝を入れたり、金粉・銀粉で絵を描きます。

金仏壇の取扱いマメ知識
お仏壇は木製品になりますので特に、乾燥や湿気、直射日光、水などには注意が必要です。
金仏壇の金箔部分や蝶番や錺金具の部分は、手の油分や塩分、体温を嫌うので、直接触らないように気を付けましょう。

従来のお仏壇をきれいにする工法

従来のお仏壇をきれいにする工法【お洗濯工法】は、お仏壇の金箔や漆などをすべて剥ぎ取り、下地の生地だけにして、そこから再度漆を塗り、金箔を貼る作業を行います。
その為、仕上がりは新品同様になります。
しかし、施工期間が2~3か月と長期になり、費用も麗美堂で100万円以上と大変高額になる場合が多々あります。
現在、従来のお仏壇店様ではこの方法を中心にお仏壇をきれいにされております。
麗美堂では、傷みのひどい場合や、ご希望が新品同様ということになると、この方法で対処させていただいておりますが、実際にはお客様のご要望やお仏壇の状態から見ると、10件に1件程度の施工実績です。

従来工法と建三堂洗浄工法との比較

建三堂洗浄工法とお洗濯工法の比較(幅70cmの金仏壇での比較)

  建三堂洗浄工法 お洗濯工法
費用 235,000円/税別 ~ 900,000円/税別 ~
施工日数 自宅施工で2~5日程度から
持帰り施工で約2週間程度
持帰り施工で2~3か月程度
仕上がり具合 お客様との打ち合わせ内容によるが、ご購入当時の輝きを取り戻すことができる。 全て塗り直す工法の為、新品同様になる。
打合せ状況 施工責任者である建三堂(牧)により、お客様と直接面談。
その上で施工内容、費用等を打ち合わせします。
仏壇販売店の担当者もしくは営業が打合せを行い、メーカー及び下請企業での外注依頼。
(細かい要望等は外注依頼の為、聞くことがあまりできない)
途中経過の確認 自宅での施工の場合、スタッフが説明しながら作業を行います。
また、持ち帰り施工の場合、麗美堂工房に来ていただければご確認いただくことが可能です。
外注先での持ち帰り施工の為、途中経過を確認することができない。
保証 20年の保証書を発行 書面交付無しの場合が多い

金仏壇の価格表

施工内容 【お仏壇泡洗浄・修復】
建三堂工法 基本コース
・金箔泡洗浄/部分補修
・漆の磨き/艶出し
・金具の色戻し
・障子の張り替え
【お仏壇泡洗浄・修復】
建三堂工法 しっかりコース
基本パックをベースに本体まで完全分解し、隅々まできれいにする方法です。
【お仏壇のお洗濯】
完全修復コース
塗装を全部剥ぎ取り、下地から全て塗り直す工法です。
(従来の工法)
納期 2~5日 10~30日 2~3か月
施工場所 ご自宅 弊社持ち帰り 弊社持ち帰り
奨励状況 ご購入後30年以上で金箔の汚れや漆の変色が気になるが、傷み自体は少ないお仏壇 ご購入後30年以上で金箔の剥がれや漆の割れなど発生しており、大掛かりな補修が伴うお仏壇 傷みが全体的に激しく、下地からほとんどをやり直さないときれいにならないようなお仏壇
幅50cmまで 170,000円(税別) ~ 220,000円(税別) ~ 700,000円(税別) ~
幅70cmまで 235,000円(税別) ~ 305,000円(税別) ~ 900,000円(税別) ~
幅90cmまで 335,000円(税別) ~ 425,000円(税別) ~ 1,400,000円(税別) ~
幅110cmまで 420,000円(税別) ~ 530,000円(税別) ~ 1,800,000円(税別) ~

※上記金額は参考例であり、お仏壇の傷み具合により価格は変動します。
※ご遠方の場合、別途交通費が発生したします。

  • 金仏壇の事例紹介はこちら
  • 唐木仏壇のクリーニングはこちら

フリーダイヤル:0120-433-547